お知らせ

令和3年
神政連レポート「意-こころー215号」を発行しました!

此度、神政連レポート「意-214号」を発行しました。

今回の機関誌では、特集タイトルを「静かなる有事」と題して、3人の方々に御執筆を戴きました。
1人目は「同性愛と同性婚の真相を知る」と題して、弘前学院大学教授の楊尚眞(ヤンサンジン)先生に、2人目は「「LGBT理解増進法」の問題点を考える」と題して、福井県立大学教授の島田洋一先生に、3人目は「『こども庁』議論の問題点」と題して、モラロジー道徳教育財団道徳科学研究所の高橋史朗先生に、御執筆を戴きました。こうした問題については、「自分には関係ない」「当事者が望むなら良いのでは?」と考える方も多いと思います。しかし、実際にはこうした問題が顕在化してくれば、我が国の家族制度や社会のあり方にも大きく関わってくるのです。他人事ではなく、私たちが主体性をもって今一度考える必要があるのではないでしょうか。

この他には、「国土を守る一歩」と題して山谷えり子参議院議員に寄稿を戴きました。また、前回に続き【ミニ講座】として時局問題にもズバッと答えています。

本機関誌は本連盟の会員を対象に発送をさせて戴いています。会員のみなさまにおかれては、近日中の発送を予定しておりますので、お手元に到着の際には是非ご覧ください。
尚、会員以外で閲覧を希望される方は、後日、ホームページ上の「機関誌「意」」のコーナーで公開をさせて戴きますので、いましばらくお待ちください。

日々移り変わる時局問題について、本連盟では引き続き情報収集に努めるとともに、機関誌等を通じて、正しい情報をみなさんに発信をして参ります。

※本連盟への入会を希望される場合は、お住まいの都道府県にあります「神政連県本部」にお問い合わせ下さい(ホームページ上に掲載)。
 尚、都道府県によっては会員入会の制限を設けている場合もありますので、予めご了承ください。